Web Developer Tools

いろいろなWEB開発環境で利用すると便利なツールが提供されている。
縦に長いホームページ(ディスプレイよりも長い)のスクリーンショットを撮りたかった。右の画像はこのホームページを画像として取り込んだもの。

wdt_bori

Web Developer ToolsダウンロードページからUBUNTU版のdebパッケージをダウンロード。 ダウンロードしたdebパッケージを右クリックして「Ubuntuソフトウェアセンターで開く」を選択。「Ubuntuソフトウェアセンター」が起動するので、「インストール」をクリックして、インストールする。

※右クリックして選択する代わりにダブルクリックしても同じ。

スクリーンショット

簡単にスクリーンショットができた。

testshoot_b

追記

ちなみに「WDT」の「ImageProcessing+Tools」に目的の「Screen-shooter」があったが、初回使用時に、以下のメッセージが出たので、「Synpaticパッケージマネージャー」から追加インストールした。

missing modules To run this tool you need to install following modules:libqt4-webkit, python-qt4

「Synapticパッケージマネージャー」で検索するとそれぞれ、「libqt4-webkit」と「libqt4-webkit-dbg」及び 「python-qt4」と「python-qt4-dbg」が見つかり、どちらをインストールすれば良いかわからず、例によって、「ubuntu日本語フォーラム初心者サポート」 で質問したところ、早々に”通常は「-dbg」が付かない方を利用する”との回答を得て、追加インストールした。
本当に、いつもお世話になっている。


PAGE TOP